ファスティング(断食)なんて、無理じゃない?

“ファスティングなんて本当にできるの?“

そんな思いが、まずが頭に思い浮かんだのは、私だけでしょうか?

敷居が高いな、、、とか、
私や子どもに出来るかしら?
辛いんじゃないかな、、、
途中で挫折しちゃいそう、、、

自分も子どもも特に太っている訳ではないし、ダイエットの必要性はないが、なぜファスティングが必要なのか。

山田豊文先生の本を読みあさり、自分の中に染み込ませ納得するまで、時間がかかりました。

そして、やっと最近zoomを通して、(本物の!)山田先生のお話を伺う機会を得られ、それまであった疑い?のようなものが「スッー」となくなりました。(笑)

母親である自分が実践!1日ファスティングスタート。

まずは、夕食から。
最初の夕食を食べないで過ごす事は、思ったより簡単!
自分が食べない間、思いがけず時間が作れ、夕飯の後片付け、洗濯物の片付け、子どもの宿題の確認など、いつもドタバタになる寝るまでの時間に少し余裕が!
次の朝食は、いつもより遅くゆっくり寝かせてもらい、子供たちにはお味噌汁と玄米だけ用意しておき、後は好きなように食べてもらった。その間にゆっくり、洗濯物、掃除などが捗る捗る!

ん??なんだか時間の余裕ができて、もしや、、、

これは、一石二鳥なのでは!?

 

この1日ファスティングが結構気持ち良くできたので、それから数週間後に、
1日2食(夕飯抜き)を1週間持続。便の調子がグッと良くなり、お肌にも変化が!

何度か続け、いよいよ子どもたちにも1日ファスティングを提案。

私が実行していたから、ファスティングの効果を説明して納得できたのか、
「うん!やってみる」と、即答してくれました。
(やだ!って言われたら、どう説得しようか思い悩んでいたのが嘘のよう)

お昼ご飯に玄米をしっかり食べ、夕食から食べ物を抜きに。
酵素ドリンクにイオン水を飲み、ゆっくりテレビを見たり、漫画を読んだり、ゲームをしたり、各々好きなように過ごしました。
「ちょっとお腹空いてきた、、」と言いながら、就寝。

翌日はいつもよりお寝坊OKに!
本を読んだり、漫画を読んだりそれぞれ好きな事を。次男は朝からテレビも観れてご満悦!
長男は、i Pad使用をOKにしたので、これまたご機嫌。
あっという間に午前中は終わり、待ちに待った昼食。

お粥にお味噌汁(具なし)、梅干し、のりなどをゆっくり良く噛んでいただく。
『こんなにお味噌汁って美味しかったんだ〜』
『梅干しが体に染みるー!』
など、いつもより味わって食べていました。

思った以上にスムーズに1日ファスティングが出来た我が家。

「案ずるより産むが易し」

これ以降、月1〜2回を目安に続けて行こうと思っているところです。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。