育児中のお母さんと、その母親との関係

周りから指摘されないように育児をしなくては

男の子2人を育児中の、あんの結衣です。

私が子供のころ、母は毎日とても忙しそうにしていました。
家での会話も少なく、学校の事などゆっくり話したことがなかったと思います。

そのような状態のまま、大人に成長し、結婚・出産となりました。
子育てがスタートしたと同時に、母は、私の育児を手伝うため、常に連絡を取り合うようになりました。

しかし、毎日のように顔を合わせていると、育児の考え方や一つ一つの発言に対し、
次第にモヤモヤすることが増えてきました。

母からA評価をもらうための育児だった

「きちんと育児をしている自分」
「普通に育っている子供たち」

を見せるために必死に本音を隠し、偽りの自分を装います。

一つ指摘されると「直さないといけないのでは・・・」と一日中頭の中でグルグルしていました。

ちょっとした指摘が、業務命令のようになっていたのです。
完全に「母親にとって良い育児」をしていました。

鬱憤が向かう先は、最愛の「子ども」

ところが、幼なかった長男はとてもこだわりが強く、衣服選びなどで、とても苦労しました。

締め付けられるような衣服を拒み、「いつもの」ゆるい衣服を好みます。
他にも、物事が急に変更になった時には、パニックになりました。

予定していたおでかけが中止になってしまうと、何時間でも訴えかけてきたり、

いつものお気に入りの物が、どんな理由であれ、ないことに対して「欲しい」と言い続けたり。

私は「業務命令」をこなす為に「ダメ!こうしなさい!」と強い口調で怒ります。
無理やり言い聞かせていましたが、当然そんな言い方では通用しません。

徐々に長男は心を開かなくなり、笑顔も口数も減ってきました。

親に対しても、はっきり言葉にすること

疲弊していた私は、思い切って母に合わせることをやめました。

・「やめてほしい」「それは違う」と、思ったことははっきり分かるように伝える。
・どうしてそう思ったのか、をはっきり説明する。

すると、母は「それは知らなかった」と少し驚いている様子。
こちらもビックリ。もっと早く言っていれば良かった・・・。
私が本音を出さなかったために、全員が辛い思いをしてしまいました。

当たり前のことですが、「きちんと言わないと伝わらない」

これは、母親だけでなく、父親に対しても同じです。

また、義理の家族など、「身近にいる家族全員」に対しても言えることですよね。

現在は、多少言い合いになったとしても、本音で対話しているのでモヤモヤを引きずりません。

子供の望むことが第一優先

子供はいつも、大好きなお母さんの要望に応えようと必死に頑張っています。
しかし努力しても出来ないことはあります。

子供が小さなうちは無邪気に笑顔も見せてくれますが、
後々大きな「不信感」となって現れ、家族関係に影を落としてしまうかもしれません。

多少衝突してでも、お互いの気持ちをしっかり「聞いて、話す」ことで
風通しのいい家族関係になるんだな、と今は思っています。

周りの人がどう言おうと、どう思おうと、大切なのは「子どものこころ」です。
そのお母さんの思いは、子供にとって必ず大きな信頼感となって表れるはずです。

関連記事

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。