小4男の子のママ:忘れ物・時間がかかる・聴覚過敏・同居や夫との関係など

ご相談対応させていただいた過程で、頂戴したメッセージを掲載しています。
 
尚、掲載にあたっては、
「渾身のアドバイスと励ましに、私も立ち向かう勇気をもらいました。同じように困っている方の希望に繋がることは、私の希望にもなります。」
とのご快諾を得ております。ぜひご参考にして下さい。
 
 

ご相談内容(抜粋)

 
朝の支度、歯磨き、ご飯を食べる、宿題、お風呂に入る、寝る支度、など、やらなくてはいけないことに取り掛かるまでものすごく時間がかかる
→夕方の忙しい時間、私のイライラも爆発してしまう。
 
食事療法を進めたいが、食べてほしくないものばかりが好きで欲しがる。
予算も限度があり、何をどう選択しあげたらいいのか。
 
学校から持ち帰らなくてはならない物を忘れてくる。4年生になってからひどい。
 
聴覚過敏で掃除機の音が聞こえたときの情緒不安定さがひどい。ご近所さんがかけているのさえ、ちょっと文句言ってくる!と飛び出そうとする。
 
主人は、とにかく私の対応が悪いと思っているが、協力するわけでもなく、具体策を考えるわけでもなく、俺は俺、という態度
 
同居の祖父が認知症で、最近大きい怒声を時々張り上げるようになり、耳を塞ぐことがある。祖母は口が悪く息子にもネガティブなことを言うが、息子自身はあまり気にしていない。同居していても、昔からあまり積極的に可愛がってくれるという2人ではなかった。
 

 

以下、頂戴したメッセージ

 


 
2020.05(4月に小5に進級。新型コロナウィルスの影響により休校していたが、授業開始)
 
休校中のありえない量の課題を張り付いてこなし、やっと解放されました(ヽ´ω`)

息子のその後ですが、休校明けて元気に学校へ行っています!

5年生になり、お兄さん風を吹かせているようで、先生から
「下級生の面倒をよく見てくれています」とありました(^.^)

サプリ、再開してよかったです。やはり、力の底上げをしてくれますね。

コンサルタントの皆様もお元気でしょうか?
よろしくお伝えくださいませ。

これからも益々のご活躍をお祈りしております。
 


 
2020.02

ここへ来て、頭に血が上るほど大声で叱り続ける、なのに効果のない不毛な毎日を過ごしていることに気付きました。
あれ?ハードルさえあげなければ問題がないと思えた日々は何処へ???

サプリメントを飲んでいた時は、何となく出来る事が増えたかな?
何となく怒る場面が減ったかな??
何となく楽になったかな?って思えてたんですね。

ただ、劇的には変わらないなあ、とも。
そして、それが日常になり、以前の大変さを思い出せなくて比較しにくかったんですが…。
いざやめてみると、なるほど!こういうことだったか‼と実感したわけです。
そして、世話する私も大変だけど、何より本人の大変さが私の中に流れてくるような感覚があり、もう一度始めようと覚悟するに至りました。

また一からのスタートとなりますが、焦らず腐らず、コツコツと積み上げていきたいと思います。
 


 
2020.01
 
皆さんからたくさん学ばせていただいてます。

今年は、覚悟を決めます。
体調も仕事も家庭もいい方向に向かうように。
以前は何でも自分のせいにする癖がありましたが、問題を分けて考える事がだいぶ出来るようになりました。
だから、決して諦めません。

でも、やっぱり辛くなったら皆さんを頼りますね(^^ゞ

よい1年にしたいと思います。
皆様にとっても、2020年がよりよい年でありますように、心からお祈りいたします。
 


 
2019.12
 
こちらで相談するようになって、私自身、芯がブレなくなり、自分にも息子にもOKを出せるようになりました。

普段感じているいろいろな違和感を、コンサルタントの皆様には感じることなく思いの丈を話すことができました。
どれだけ支えになっていたことでしょう。

コンサルタントの皆様の益々のご活躍を心からお祈りいたしております。
 


 
2019.10

先々週末には運動会が、先週末には林間学校のイベントがあり、両日とも彼の成長を感じられる素晴らしい日になりました。
また、交流級で学んでいる社会と理科でテストがあり、どちらも95点を取ってくる快挙!もあったり‼彼との生活を楽しめるようになってきました(*´∀`*)
 


 
2019.08
 
夏休み、息子が大きく成長した気がしています。

1.泳力は幼稚園並みなのですが、本当に楽しく夏の短期水泳教室に参加して、和を乱さず先生の指示に従って5日間がんばりました。
初めて級認定も貰うことができて、本人も大満足だったようです。

2.夏休み前は、身体や髪を自分で洗うことがしんどく、私が手を貸すことが多かったのですが、この夏休みで一人で洗えるようになりました。
たまに手伝って、というときだけ手を貸すようにしています。片付けが出来れば完結できる位になりました。もう一息です。

3.夏休み中、Tシャツとズボンだけですが、ちゃんと組み合わせがチグハグなものではなく、色柄合わせとかもおかしなものを着ることなく自分で選ぶことが出来ていました。

4.以前は場所を選ばすお喋りが止まらない、気になるものにまっしぐらだったのが、拍子抜けするくらいお利口に黙って側で待つことが出来ていました。

5.「今日は買いません」と伝えると、「わかった。今日は買いません。」と自分に言い聞かせるようにして、気持ちを切り替えることができるようになりました。
買い物に限らず、いろんな場面で気持ちの切り替えが出来るようになったなあ、と感じることが多かったです。

6.学習した内容はこちらが思うよりも理解していて驚きました。彼が時間がかかるのは、やはり筆記が苦手なことで書く作業に手間取っているだけで、理解していないからではないことがよくわかりました。

7.ついに炊飯器と食洗機のスイッチを押すことにこだわらなくなりました(かれこれ6年越し⁉)\(^o^)/

8.週1回、ピアノを習っているのですが、夏休み最後のレッスンはなぜか
「僕、一人で行ってくるよ!」と言い出し、あとで先生から「ちゃんと時間通りに来て時間通りに帰りました。
レッスンもとてもがんばりました。また(一人で行きたいと)言ったらぜひそうしてね。」と連絡を戴きました。

9.気付いたら1学期、皆勤賞を頂きました!行き渋りも回数が減り、あっても私が動じなくなり、彼も体力がついたこともあり、おぉ、そういえば休まなかったじゃん!すごいすごい!となりました。

(おまけ)図書館で借りた『いつものパンがあなたを殺す』といった本を見てビビったのか、パンは全く口にしなくなりました。
第三者の力を借りるとこちらの期待を越える効果がありますね(^^)

長くすみませんが、息子のいい報告が出来てうれしいです。
 


 
2019.07
 
みなさまのアドバイス、たくさんの気付きがありました。
つまるところ、いかに常識(と思われること)や思い込みに囚われすぎているか、と言うことですね。

声掛けをしなくちゃ、ではなく、彼の体の声を聞く力にある程度任せること。

出来ないところにフォーカスするのではなく、出来ているところをきちんと言葉にして還元してあげること。

彼を育てながら、もう自分は幾つもの価値観を壊し、新しい世界を生きてきたつもりになっていましたが、とんでもなかったです。
まだまだ書き換わらない自分の中の常識を、彼に押し付けていました。ため息が出ます…。

具体的な食事のメニューを教えていただきありがとうございます!!
本当に、こういうのが助かります(^^ゞ

また、みなさんのご家庭でのご様子をうかがい知ることが出来て、この先の希望にもなりました。

なかなか、ここまで細かい部分は同じような立場のママにも聞いたことがなく、不躾な質問だったかも知れないと少し反省いたしました。

皆様、渾身のアドバイスをいつもありがとうございます。
 


 
2019.07
 
食生活を気をつけ始めてサプリも飲み始めて、最初1週間はビギナーズラック的に、宿題を自分からやり始めたり、お手伝いをしてくれたりしたのですが、今はまた普通に戻ったというか、変わらず給食セットや予定帳を忘れてきたり、ゲームやYouTubeの時間を守れなかったりしています(*_*;…

ただ、毎日のように日替りで友達が家にやってきます。息子から誘うようです。
人と関わる意欲というか、気力体力がついたというか、そこは褒めてあげるところでしょうか。

こんな感じで息子に劇的な変化というのは感じないのですが、息子と一緒に私も息子の半量ですがサプリを同飲し始めたところ、変化が出始めました。

あれほど会話のなかった主人との関係が変わり始めたような気がします。

話を聞こう、聞いてあげよう、という気持ちが湧き上がり、常に戦闘態勢だった態度が改まり(←私です^^;)、そんな優しさが夫にあったのかと感動し(←私に対して見せた優しさではないのですが)、何だか私自身とても気持ちがおおらかになった気がします。

仮説ですが、細胞が元気を取り戻し始めた気がするし、自分を大事に出来ている、ということが優しさを生みはじめたのかもしれません。
思わぬ収穫です。

また、
「一人で働きながら息子を育てていくよりは、主人と力を合わせて家族でよりよい生活を送りたい」

といったことを伝えてから、主人の方も、話しかけてくるようになった気がします。
思わぬ方向に道が開けたような気がしますが、このことが息子にもいい影響を与えればいいなと思います。

あとは、GFCFを完全にやるという選択ですが、頭ではそのほうがいいに決まってると思うのですが、今まだその覚悟と気力体力が追いつきません。

やはり息子に偏食がありハードルが何個もあること、息子に説明が難しいこと、自分にやり通す自信がない事など、理由はいくつでも上がります。
皆さん、どのように進めてどのくらいの変化があったのか、今はどんな状態をキープ出来ているのか、教えていただけますでしょうか?
 


 
2019.06
 
ご相談のメールを書いていたときはとても辛い心境でしたが、皆様からのアドバイスをいただき、しかもその内容量の多さ、ただの気休めではない根拠ある内容に、私には本当に心強い味方がたくさん居るんだと、急に自分が強くなったような、大丈夫、私はやれるぞと、心も軽くなったような、そんな感覚に陥ってます(*^^*)
すごい変化に驚きです。
 


 
E.M様

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。